· 

3色トリノ

 平成も終わってしまった今、昭和って2世代前の元号です。少年時代を過ごした【昭和】がより一層レトロに味付けされた気がします。

 

 さて、その当時を子供として過ごした茨城県民ならば、イオンモールやララガーデンで良く見かけるソレではない、リアルな駄菓子屋を覚えている事でしょう。

 

 常総市には駄菓子の名門【リスカ】や【菓道】が有り、「ハートチップル」や「もろこし輪太郎」といった商品は県西地区児童のDNAに組み込まれているのではないかと思える程のソウルフーズ。

 

 

 家の近くには、【山久】という駄菓子屋が有りました。娘が小さい頃まで存在しており、店主のお婆ちゃんは近所の子供の名前をメモに書き留めて覚えてた、そんなお店。

 

 私が子供の頃、夏になると良く買っていたのがフタバ食品の「3色トリノ」。当時は1本30円だったと記憶。チョコ味・バナナ味・イチゴ味がまとめて楽しめるのが子供に嬉しい、そんなアイスでした。

 

 この「3色トリノ」が復刻版で買えるようになってました♪

 若干形が異なる(記憶の中では先端まで角型)のですが、食べた感想は正に「コレだよ!この味!」いわゆるプレミアム系よりも、こういったレトロなアイスの方がやっぱり性に合うようです。