· 

一蘭

 今年は年明け早々から新型コロナウィルスがヒタヒタと日常生活を侵食し始め、春先以降は「歴史に残る」位のダメージを世界中に及ぼしています。

 

 建設業界に於いては現在よりも、この先の新規工事やインフラ整備・設備投資の不透明さが気にかかる処ですが、兎にも角にも建設と物流は無くならない経済活動の代表格。むしろ現状をポジティブに活かし、「新しい生活様式」に見合った業務形態を構築していきたい処です。

( まあ、この「新しい生活様式」という言葉、あまり好きじゃないですけど )

 

 ラーメンの世界では。どうやら一蘭の「味集中カウンター」が注目されているようですね。あの、席毎に遮断された空間が。

 替え玉すら、無言で注文用のプレートを置くと、簾の向こうから出てきます。

 

 昭和チックなお店が好きな自分のような人間は、この無機質なスタイルに若干戸惑いますが、これはこれで慣れれば気楽ですね。

 

 人気店だけあって、かなり食べやすく改良された博多とんこつですね。

 首都圏で、匂い立つ位の博多とんこつが食べたいなら、「九州一番」の方が良いかも。登戸店の階段で入店待ちしていた時の匂い…いや、臭いは未だ思い出されます(゜-゜)